トップ / 目をアンチエイジング体操

目のたるみアンチエイジング

目をアンチエイジング体操

たるみ解消アンチエイジング体操

毎日の保湿ケアに加えて、目のたるみには筋肉を鍛えるエクササイズを取り入れたいものです。目に限らず筋肉は使わないでいると衰えますが、逆に鍛えればいくつになっても活性化できます。老化だからと諦めないで、毎日続けていきましょう。

こうした目のアンチエイジングを目的とした体操では、目元の筋肉を自らの意志で動かすのと、外側から力を加えて動かす方法があります。刺激を与えると逆に目をたるませる原因になるので、行う時は必ずアイクリームやオイルを塗って摩擦を防ぎます。事前に頭皮のマッサージや顔周りのリンパマッサージで頭全体の筋肉をほぐし、血行を良くして老廃物が流れやすい状態にしておきましょう。

目の周りの眼輪筋は眉毛を上げたり、白目をむいたり、ウインクなどで鍛えられます。思うように動かせない場合は、そっと指を添えてサポートします。目の下のたるみには、まばたきや目尻の上げ下げが効果的です。限界まで目を見開くと、上まぶたを鍛えられます。いずれも10セットを目安に行うと良いでしょう。

タイミングとしては、目元のケアを行う朝の洗顔後と夜の入浴後の1日2回が理想です。保湿ケアと同様、毎日継続して初めて効果を実感できます。長時間パソコンやスマートフォンの画面を見て目が疲れた時も、これらの体操を行えばゴロゴロした感じが取れてすっきりします。

他にも口を「オ」または「イ」の形に開きながら目線を上げるのを繰り返すと、目の周りの筋肉を持ち上げる力が鍛えられて、たるみを解消できます。鏡があれば、より筋肉の動きを意識できるだけでなく、動かす筋肉が片方に偏るのを防いでくれるでしょう。目の周りの筋肉が弾力を取り戻せば、小じわの解消も期待できます。

Copyright © アンチエイジングと目のたるみ. All rights reserved.