トップ / 目のたるみを隠すメイク

目のたるみアンチエイジング

目のたるみを隠すメイク

目のたるみをメイクで隠す方法

目の周りの保湿にしても筋肉のエクササイズにしても、目のたるみの改善が期待できますが、効果が現れるまで時間がかかるのが難点です。今すぐどうにかしたい時はメイクで上手に隠しましょう。特に結婚式や同窓会などの晴れやかな席ほど、老化を露わにはしたくないものです。

まずは洗顔して目元の保湿ケアを行います。アイクリームを付ける時に軽くマッサージして血色を良くするとメイク映えするでしょう。皮膚を保護できたら、ファンデーションの前にコンシーラーでたるみによる陰影をカバーします。気になる部分に付けて指先やブラシでサッと伸ばします。目元用の柔らかいコンシーラーを使えばよれません。肌の色をベースに白浮きしない程度に明るい色を選びましょう。

ファンデーションは付け過ぎると余計にたるみや陰影を目立たせるので、全体的に薄く付けます。パウダー系はよれがちなので、クリームやリキッドタイプがお勧めです。気になるところだけ重ね付けして、しっかりとカバーします。特にたるみの部分はコンシーラーが落ちないように軽く乗せます。色は自分の肌より若干濃い目で、アンチエイジング用のファンデーションに多いマットな仕上がりの方が、たるみを隠すのに向いています。

最後はアイメイクです。まずはアイライナーで目尻を上げるように、くっきりと描きます。たるみで上手く描けない時はリキッドタイプを使いましょう。アイシャドウはイエローやゴールドを使うと、目元を明るく見せてくれます。逆にブラウンなどの暗い色は、たるみによる陰影を強調するので使ってはいけません。パールも同様に避けた方が良いでしょう。

仕上げにビューラーでまつ毛を上向かせます。目の上部のボリュームを増やすことで、たるみをカバーできるのです。

Copyright © アンチエイジングと目のたるみ. All rights reserved.