トップ

目のたるみアンチエイジング

アンチエイジングと目のたるみ

アンチエイジングでたるみ解消

目のたるみは思った以上に見た目を悪くするものです。誰かと話す時、人の視線は目元に集中します。目の下がたるんだり膨らみがあると、疲れていると思われたり老けて見られたり、明らかにマイナスの印象を与えてしまいます。アンチエイジング化粧品で改善するのも1つの方法ですが、たるむ原因を知るとより効果的に改善できます。

目がたるむ原因で最も多いのが「老化」です。他の部位と同じく、目元の皮膚も真皮のコラーゲンやヒアルロン酸によってハリを保っています。老化によってこれらが減少すると水分を保持できなくなり、真皮にへこみができて表皮がたるむのです。

アイメイクを力を入れて落とすのも、真皮の組織を傷つけて水分が逃げてしまい、たるむ原因になります。目の周りの皮膚は薄いので、こうした内外の変化や刺激に影響を受けやすいのです。

眼輪筋など目の周りにある筋肉も、老化によって衰えます。目元がたるむだけでなく、支え切れなくなった眼球に押し出される形で、眼窩脂肪(がんかしぼう)が膨らみます。さらに老化が進んで顔全体がたるむと、陰影が濃くなってクマになり、ますます目立つのです。

目の周りの筋肉は、老化以外でも衰えます。特に最近はパソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見る機会が増えています。まばたきの回数が減るので、筋肉が使われなくなるのです。

以上のことから目のたるみを解消するには、目の周りの「皮膚の保湿」と「筋肉のエクササイズ」が効果的と言えます。どちらも毎日続ければ、年齢を重ねても十分に改善が期待できます。同時にたるみの原因となる習慣を控え、目を酷使して疲れを感じたら目薬をさしたり目元を温めるなどケアしてあげましょう。

Copyright © アンチエイジングと目のたるみ. All rights reserved.